鳥取市 自己破産 弁護士 司法書士

鳥取市で債務整理や借金など、お金の相談をするなら?

借金の利子が高い

「なぜこんな状況に…。」
借金が増え、多重債務を抱え、自分一人では解決できない…。
そんな状態なら、早急に弁護士や司法書士に相談すべきです。
司法書士や弁護士にお金・借金返済の悩みを相談し、最善の解決策を探してみましょう。
鳥取市で借金・債務の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談を活用してみては?
パソコン・スマホから、今の自分の状況を冷静に相談できるので安心です。
当サイトでは鳥取市にも対応していて、インターネットから無料相談ができる法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
借金返済問題の解決のために、一刻も早く弁護士や司法書士に相談することを強くお勧めします。

鳥取市に住んでいる方が借金・自己破産の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

鳥取市の借金返済・多重債務問題の相談なら、こちらの事務所がおすすめ。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いもOK。
相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをストップするのも可能です。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、債務の悩みについて無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、借金や債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に適した方法で借金や多重債務の問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので鳥取市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



鳥取市周辺にある他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

鳥取市には他にも複数の法律事務所や法務事務所があります。参考にしてください。


●河本・森法律事務所(弁護士法人)
鳥取県鳥取市栄町205
0857-29-3923

●鳥取県弁護士会住宅紛争審査会
鳥取県鳥取市東町2丁目221
0857-25-3350
http://toriben.jp

●鳥取総合法律事務所(弁護士法人TNLAW支所)
鳥取県鳥取市西町一丁目210東邦ビル5階
0857-50-1266
http://tn-law.jp

●ソレイユ法務・FP事務所
鳥取県鳥取市西町五丁目160-22F
0857-30-5767
http://yagawa-office.com

●林茂生司法書士事務所
鳥取県鳥取市材木町369-3
0857-26-2828

●鳥取県司法書士会司法書士総合相談センター・とっとり
鳥取県鳥取市西町1丁目314-1
0857-24-7024

●坂本司法書士事務所
鳥取県鳥取市片原2丁目213
0857-25-5774

●美田眞一司法書士事務所
鳥取県鳥取市東町2丁目222福田ビル1F
0857-24-4556

●鳥取あおぞら法律事務所
鳥取県鳥取市元魚町2丁目105アイシンビル5階
0857-25-4530
http://aozora-law.net

●三谷法律事務所
鳥取県鳥取市南吉方1丁目63-1
0857-50-0855
http://mitani-law.net

●つばさ司法書士事務所
鳥取県鳥取市西町五丁目160番地2
0857-50-0918
http://office-tsubasa.net

●菜の花総合法律事務所
鳥取県鳥取市片原1丁目115カイナンマンション2F
0857-25-0150
http://nanohana-law.com

●本郷貴大司法書士事務所
鳥取県鳥取市西品治295
0857-25-0205
http://ncn-t.net

●西川総合法律事務所(弁護士法人)
鳥取県鳥取市幸町22-200
0857-24-1113
http://nishikawa-law.com

●林敬二郎司法書士事務所
鳥取県鳥取市寺町64
0857-24-9158

●司法書士鳥取リーガルオフィス
鳥取県鳥取市扇町69
0857-37-0058
http://lcbank.jp

地元鳥取市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、相談しやすいのではないでしょうか。

借金返済問題に鳥取市に住んでいて悩んでいる方

借金のし過ぎで返済が厳しい、このような状況だと不安で不安で仕方がないでしょう。
複数のキャッシング会社やクレジットカード会社から借金をして多重債務の状態。
毎月の返済金では、金利を支払うのが精一杯。
これだと借金を全部返すするのはとてもじゃないけど無理でしょう。
自分だけでは完済しようがないほどの借金を抱えてしまったならば、まずは法律事務所や法務事務所の門を叩いてみましょう。
弁護士や司法書士に、現在の自分の状況を話して、打開案を見つけてもらいましょう。
最近では、相談は無料の法務事務所や法律事務所も増えてきたので、勇気を出して門をたたいてみませんか?

鳥取市/任意整理の費用ってどれくらい?|自己破産

任意整理は裁判所を通さなくて、借入をまとめる進め方で、自己破産を回避することが出来るというような良いところが有りますので、昔は自己破産を促すケースが多く有りましたが、昨今は自己破産から脱し、借り入れの問題解消を図るどちらかといえば任意整理のほうが大半になってます。
任意整理の方法としては、司法書士が貴方のかわりに信販会社と諸手続をし、現在の借入総額を大きく減額したり、四年位で借入が払い戻しできる支払い可能な様に、分割していただく為、和解してくれます。
けれども自己破産の様に借り入れが免除されるわけでは無くて、あくまで借り入れを返済するということが基本になって、この任意整理の方法を行うと、金融機関の信用情報機関にデータが記載されてしまうのは確実だから、金銭の借り入れがほぼ五年の期間はできないだろうというハンデがあるのです。
とはいえ重い利息負担を少なくするということが可能になったり、消費者金融からの借金払いの要求の電話がなくなり心労が随分なくなるであろうという良い点があります。
任意整理にはいくらか経費がかかるけれども、一連の手続の着手金が必要で、借入れしているクレジット会社が数多くあれば、その1社ごとにそれなりのコストがかかります。そして何事も無く問題なく任意整理が終わると、一般的な相場でほぼ一〇万円ぐらいの成功報酬のコストが必要になります。

鳥取市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/自己破産

率直に言って社会一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないです。マイホーム、高価な車、土地等高価格の物は処分されるが、生活のために必ず要る物は処分されないです。
また20万円以下の預金も持っていて問題ないです。それと当面数箇月分の生活する上で必要な費用100万円未満なら取り上げられることはないです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもごく僅かな方しか見てないでしょう。
又俗にブラックリストに掲載されて7年間程の間はローン・キャッシングが使用不可能な状況となるのですが、これは仕方無いことなのです。
あと一定の職種に就職できなくなる事があるでしょう。ですがこれも極限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済する事の出来ない借金を抱えこんでいるのならば自己破産をするというのも一つの手でしょう。自己破産を行ったら今までの借金がなくなり、新たに人生をスタートできると言うことで長所の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士、弁護士、公認会計士、税理士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはおおよそ関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きなものでは無いはずです。

関連するページの紹介